歯科の治療と保険について

歯科の治療と保険

保険がきかない歯科治療

歯科医療は体の他の部分の病気に比べて、国民健康保険が利かない治療が多いので有名です。これは審美的な面を重視した治療が多く含まれるからだと言われています。国が面倒を見るのは歯の失った機能を回復させるところまでで、後は自己負担でやってくださいということです。例えば同じような目的の歯科治療でも、ブリッジには保険が利きますがインプラントには利きません。これは機能を回復させるだけなら、ブリッジで十分とされているからです。また歯の漂白や歯列矯正などの審美的治療にはもちろん適用されません。入れ歯についても、高級で見栄えの良いものを使う場合は自己負担となります。

歯科,保険

歯医者の治療の保険適用

歯科医院では虫歯や歯周病の治療をしたり、歯並びを治す、ホワイトニングをするなど色々な治療を行うことができます。治療にはお金がかかるものですが、治療には保険がきくものも多くあります。虫歯の治療の銀色の金属や入れ歯などは基本的に適用されるため費用があまりかかりません。ただし、見た目を気にするため金属にこだわったり、ホワイトニングやインプラントの治療には保険がきかないため自費での治療となり、費用が高額になることがあるので事前に確認する必要があります。歯科医院での治療の際には費用や金属をしっかり知ってから行うようにします。

↑PAGE TOP